エムジーコーポレーションの産地での活動

MGコーポレーションがめざすSDGs

持続的生産コミュニティーの実現

パプアニューギニアには中央部に標高4,000m級の峰々を有し広大な高原が広がり、この地に暮らす約70%の人々はコーヒー栽培に従事すると言われています。
自然環境に恵まれ世界有数のコーヒー生産地ですが、一方で多くの地域は険しい地形に阻まれ道路の整備が遅れ、ほとんどの地域には電気が供給されず、学校や病院などの社会インフラの整備もとても遅れています。
エムジーコーポレーションはパプアニューギニアコーヒー協会や州政府と共に生産地域の開発に参画し、生活基盤と生産性改善を進め持続的なコーヒー生産コニュニティーの実現を目指しています。




社会インフラの整備が遅れるパプアニューギニア

パプアニューギニアは1975年にオーストラリアから独立し、独自に国づくりを進めています。
他の多くのコーヒー生産国は資本力を背景とし大規模で効率的なコーヒー生産を行っていますが、パプアニューギニアには進出する海外企業も少なく、大規模なコーヒー生産はほとんど行われていません。
大部分は地域のグループで共同で経営する農園や村単位・部族単位での運営など地域に根差したコーヒー生産が行われています。
パプアニューギニアでは同じ言葉を話す人たちを「ワントーク」と呼び、仲間意識が非常に強いコミュニティーをつくり、助け合って暮らしています。
パプアニューギニアの多くの地域はワントークの文化に根差した珍しい社会システムで、コーヒー生産が行われています。




コーヒー生産の問題点

毎年コーヒーの樹は白い可憐な花が咲き、サクランボに似た赤いコーヒーチェリーが実ります。
真っ赤に熟した赤いチェリーを手摘みし、その日の内に果肉の部分を取り除き水洗いして天日干しすると、堅い殻で覆われたクリーム色のパーチメントになります。
これを脱穀し殻を取りたものが、深いグリーンのコーヒー生豆です。
パーチメントの加工ができると、保存や運搬に優れ高値で販売でき農家の収入を上げることができます。
しかし、生産地のほとんどの地域は電気が来ておらず、コーヒーチェリーを収穫しても、加工は手作業となり、処理できる量が限られ生産の妨げになっています。




村人によるコーヒー処理施設設置の取り組み

パプアニューギニア・コーヒー協会(CIC)や地方政府は生産地の村々の人々と共に地域開発に取り組んでいます。
他のコーヒー先進国のような大規模な開発を目指すのでなく、「ワントーク」のコミュニティーなどで村人が自ら行うゆっくりとした開発です。
収穫のない時期を利用し、村人が必要な資材と技術をコーヒー協会から受けることで、生産設備の整備を進めています。


【山の斜面を利用したチェリーの処理設備】
斜面の上流より流れる水でコーヒーチェリーが運ばれ、それぞれの段でコーヒー生豆の処理が行われます。
コーヒーの収穫期は半年もないため、閑散期に村人総出で設備を作っています。

 

●露地乾燥から雨を防げる屋根と網の上での乾燥へ

大規模なコーヒー農園では水洗いしたパーチメントの乾燥工程に、ガスなどによる熱風乾燥を用いますが、そうするとコーヒー生豆が高温にさらされ、風味が落ちてしまいます。
また、自然の天日干しは、コーヒー本来の風味を最も大切にする乾燥方法です。
パプアニューギニアではパティオにシートを敷いてパーチメントを天日干しさせることが多いですが、雨の多い時期には乾燥に時間がかかることや風味の劣化になってしまいます。
日本へ向けたコーヒーつくりではより高い品質が求められ、ドライベッドでの乾燥に切り替えています。
村の森で入手できる木や竹をうまく使い、村人がドライベッドを作り、プレミアム・コーヒーの生産を開始しています。




再生エネルギー・コミュニティー発電による電力供給

村の人々が力を合わせ太陽光発電設備を導入し、家々へそしてコーヒー処理施設に送電線を引き、喘息の原因になる煤の出る灯油を使った灯りでの暮らしから、初めて電気のある暮らしになりました。
子供たちも電気の灯りの下で勉強できるようになり、喜んでいます。
 




Return to Top