コーヒー栽培

コーヒー生産

コーヒーを守るシェードツリー

○シェードツリー

シェードツリーはコーヒー樹木を強い日差しから守り、根元には腐葉土を蓄え熱帯の雨から土壌が流れ出るのも防ぎます。高原の気候と豊か森が病気や害虫に弱いティピカ・ブルボンなどのデリケートなアラビカコーヒーの木々守り、自然本来のコーヒー栽培を可能にしています。森と南太平洋の自然が育てた森の果実のようなコーヒー豆は、どこかやさしい風味を感じる事ができます。

シェードツリーはコーヒー樹木を強い日差しから守り、根元には腐葉土を蓄え熱帯の雨から土壌の流出を防ぎます。病気や害虫に弱くデリケートなアラビカコーヒーの木々守り、自然本来のコーヒー栽培を可能にしています。



森林栽培のコーヒー

○エムジーコーポレーションのコーヒー栽培

 世界では近年、大規模なコーヒー農園開発が進められ、高い農業技術が取り入れられてきました。しかし、パプアニューギニアにおいては1975年にオーストラリアから独立し、その後外国企業の資本規制を行うなど独自の力で国つくりを進め、世界のコーヒー産業の近代化の渦に飲まれる事なく独自の道を歩み現在に至っています。
 森での自然本来のコーヒー栽培が変わることなく現在に引き継がれてており、機械化を行うことができない古来の森林でコーヒーの木々が育ち、森の恵みを受けた風味豊かなコーヒー豆が豊かに収穫されています。エムジーコーポレーションはこれらの伝統を守りつつ、ハイランド地方の人々と優しい香りの森のコーヒーを作り続けていきます。




Return to Top